不妊症 原因

不妊症になる原因

不妊の原因

女性が不妊である原因は様々です。

 

その中でも多いのが排卵障害です。原因は様々ですが、生理不順であることが多く、目に見えやすい要因でもあります。血液検査や基礎体温で排卵障害の原因が分かります。基礎体温が低温期と高温期と分かれてない時は排卵障害が大きな原因です。重度の生理不順である場合は、ホルモンの異常であることが多く、不妊の中でも多いのがPCOSとプロラクチン血症です。

 

次に多いのがまた、卵管造影を行うことにより卵管が詰まっていたり、卵管が閉鎖していたりする卵管の異常です。また、子宮の大きさや形が一般的でない子宮異常が原因なこともあります。
婦人科の専門機関を受診して検査をすることで不妊の要因が分かり、不妊治療を始めることができるでしょう。

 

また意外と自分が思っているタイミングとは異なり排卵がずれている可能でもあるのです。
この場合も病院でタイミング指導を受けることで子供が授かりやすくなります。
また、女性だけでなく男性にも原因があることもあるため、一度は夫婦で受診するのが望ましいでしょう。