不妊治療 種類

不妊治療のさまざまな治療方法

女性側の不妊治療は原因に応じて様々な方法があります。

 

まず排卵障害の場合は、ホルモン剤を使用して排卵を軌道に乗せることから始めます。症状が軽い時は、飲み薬を使用して排卵を整えていきますが、症状が重く中々排卵できない場合は、ホルモン液を使用して筋肉注射を行います。
病院では内診や基礎体温を見けながら排卵の時期を調べ、まずはタイミング療法を行います。
次にタイミング療法を数回試みても妊娠しない時には人工授精を行います。これは夫側が採取した精子を精度の良い精子を厳選し、妻の排卵間近の子宮に戻す方法です。

 

この方法でも妊娠しない時には何度か様子を見て体外受精を行います。体外受精は、妻の子宮内から取り出した排卵間近の卵子と夫側から採取した精子を受精させ、分裂した受精卵を子宮内に戻す方法です。体外受精の場合は質の良い卵子を求めるため、排卵障害でなくてもホルモン療法によって卵を作る方法が一般的です。
また、男性側の精子に問題がある場合は、体外受精よりも高度で卵子に針を入れる顕微受精が効果的です。保険適用でなく副作用も伴うため、治療が高度になればなるほど経済面や身体面に影響を及ぼしてしまうようです。